チャイルドケアコーディネーター資格の概要や求人


母親と子ども双方の体を健康に保ち、健全な育成ができるように、アロマなどの芳香療法を利用したケア方法をチャイルドケアと呼ばれています。
その、チャイルドケアの指導者として活動するために持っておきたい資格が、チャイルドケアライセンスであり、チャイルドケアコーディネータ講座を学習することで名乗ることが可能となります。
日本アロマコーディネーター協会によって認定している資格であり、同協会の会員が講座を修了することで、資格取得が可能となります。

チャイルドケアコーディネーター資格の概要・求人

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

チャイルドケアとは、赤ちゃんから小学校の低学年程度の年齢の子どもを対象としたケア技術であり、アロマやハーブなど医薬品を必要としない自然の物だけを使います。
チャイルドケアライセンスを取得する講座の中では、アロマテラピーやベビーマッサージ、フットケアなどさまざまな分野のリラクゼーション方法を学ぶことになるので、幅広い知識が身につきます。
東洋医学についても基本的な知識が身につくので、子どもだけでなくさまざまな年代の方にとって有効なケア知識となります。

資格を取得することによって、仕事の幅がとても広くなります。
特に有効なのは、保育士や幼稚園の教諭として働いている方や、ベビーシッターの方などで、そのような方には特に資格が注目されています。具体的な資格名を指定された求人が多いわけではありませんが、面接の際や実際の仕事の際に資格が役立つでしょう。
求人を目当てにするよりも、その後の仕事をイメージして取得するのがおすすめです。

また、チャイルドケアコーディネーターとして独立し、活動を行うこともできます。
実際に子どもがいる母親を対象としたセミナーなどを解説してチャイルドケアを広めたり、地域でのボランティア活動として行うこともできます。

チャイルドケアコーディネーターが、保育士や学校の先生などと大きく違う点は、親子に対してチャイルドケアを教え伝えることが中心となってくる点です。
子どもと母親の自然治癒力を高めるために、専用のアロマを配合したりハーブティーを利用します。
ハーブティーは飲むだけでなく、子どもの肌のマッサージに使ったりもします。
タッチセラピーを導入しており、赤ちゃんの肌に直接触れるマッサージを行うことも含まれます。
ライフスタイルそのものを見直し、健康的に過ごせる工夫をするための知識が詰まっているのです。

また、チャイルドケアコーディネーターの資格は、自宅での学習で取得することが可能な点です。
忙しい主婦の方であっても、家事や子育てをしながら自分のペースで家事を進めることができるため、子育てが一段落した後の再就職などに最適といえます。
取得制限はほとんどありませんので、子育てが未経験の方や男性にとっても魅力的な資格です。


子育てコーチングのおすすめ資格

子育てに役立つチャイルドコーチングを学ぶには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieのチャイルドコーチングマイスターは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めてコーチングを学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめチャイルドコーチングの資格はこちら

チャイルドコーチング資格
子育て資格TOP
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mastestac/www/info_review/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399