キッズコーチ検定の評判は?


学童保育など複数の子供たちを相手にする場所で子供たちへ適切な対応をし、指導するのがキッズコーチ検定で得られる認定キッズコーチです。
現在保育や教育にかかわっている方からこれから子供とかかわる教育をしたい方、学童保育や放課後倶楽部など子供にかかわっている方、子育てをするうえで子供の発達心理などについて学びたい方などにお勧めと言う声が多く見られます。

キッズコーチ検定の評判

fe1e36a96b6773ba53c79b8f86b05da5_s

7その評判をよく見てみると、子育ての中で悩むことや戸惑うことが多いけれど、キッズコーチ検定を受けてみて自分の子育てに自信を持てるようになった、迷ったときにとる行動が分かるようになったという現役ママからの声が多く聞かれます。
キッズコーチ検定は小学生という6〜12歳までの多感な年ごろの子供を対象にしますので、子供とのコミュニケーションのとり方を学び、自身の子育てに活かしていくことで充実した生活を送ることができるようになります。

また実際に教育現場などで子供たちと接している人からは、子供との間に壁ができそうなとき、どのようにすれば乗り越えられるか、子供の気持ちを最優先しながら考えられるようになったという評価があります。
子供が危険なことやいけないことをしようとしているときに、どのように止めるのが正しいのか、子供に分かってもらえるのかということも学ぶことができますし、子供にどのように問題提起していけば自分も子供も納得できる答えにたどり着くのか知ることもできます。
子供が自ら考え、答えを出し、実践していくよう導くことができる、それがキッズコーチ検定の醍醐味なのです。

キッズコーチに必要なことは傾聴と承認、質問の3つといいますが、キッズコーチ検定に向けて勉強を進めることでより力になることも多いです。
通信教育でも受講できるので働きながらキッズコーチ検定の資格を取りたいという方にも向いていると評判です。
また学んだことをまだ検定試験を受ける前であっても活用することができるという声も多く聞かれますので、勉強していくことでスキルと知識の糧となり、さらに試験を受けて合格すれば自身へとつながることは間違いありません。

キッズコーチ検定はキッズコーチ協会が認定している資格試験で3級から1級まであります。
3級は基礎であり、だれでも受講することができますし、コーチング理論やコミュニケー諸スキルを身に着けられるとして専業主婦の受講者も増えています。
子供とかかわっている、子供とかかわっていきたいという方はキッズコーチ検定を検討してみてはいかがでしょうか。


子育てコーチングのおすすめ資格

子育てに役立つチャイルドコーチングを学ぶには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieのチャイルドコーチングマイスターは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めてコーチングを学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめチャイルドコーチングの資格はこちら

チャイルドコーチング資格
子育て資格TOP
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mastestac/www/info_review/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399