キッズコーチの仕事って?


キッズコーチは学童保育のプロフェッショナルとして活躍する仕事です。
放課後保育を利用する子供たちとのかかわりの中で、子供たちとのコミュニケーションを円滑にとることが仕事と思われがちですが、そのほかにも親御さんとのコミュニケーションやイベント企画にリスクマネジメントと幅広い仕事があります。

キッズコーチの仕事

f3545b62a286415a4bdfa301bda579bc_s

小学生という多感な年ごろの子供たちに対してどのように接することが正しいのか、子供たちが自分に自信を持って行動することができるのかといったことを熟知しています。
そのためキッズコーチになるためには小学生の発達心理からコーチングスキルを学び、習得しなければなりません。
子育てにかかわる方であれば専業主婦をはじめ保育士、幼稚園や小学校の教諭資格を持っている方、勤務経験のある方などがキッズコーチの資格取得を目指すことができます。
また義務教育を修了していれば基本的に講座を受講することができますので、これから保育士や学校の先生になりたいという方も資格試験を受けるために講座を受講することが可能です。

キッズコーチに求められることは子供とのコミュニケーション能力が第一です。
子供たちは一人ひとり違いますから、それぞれに合わせた接し方が必要です。
キッズコーチは子供と日々向き合う中で子供が自分を活かし、自分を認め、自信を持って行動できるよう促してあげることができます。
そのために必要なのが子供たちとの円滑なコミュニケーションと言われているのです。

そこでキッズコーチに必要な能力は何かというと一つは傾聴で、子供が自分の内を話し、その話をさえぎることなく否定することなく最後まで聞くことで子供が自分の話を聞いてくれる人がいるという喜びを得ることができます。
子供がしてきたことを子供の話からピックアップしてほめることが自信へとつながるのです。
そして子供が話してくれたことに感謝し、素直に話すことがいいことであると承認することもキッズコーチの役割です。

そして子供が結論を上手に導き出すために質問を適宜投げかけてあげることも大切です。
学童保育に通う子供たちは様々な気持ちを抱えていますから、子供の目線に立って、子供が聞きやすい声の大きさと明るさで話し、子供を肯定してあげること、時にボディランゲージを交えながら大げさなリアクションをとることがキッズコーチに求められる仕事能力です。
親御さんを交えて子供とコミュニケーションをとり、どのような状況であっても適切な対処をとることができる、それがキッズコーチです。


子育てコーチングのおすすめ資格

子育てに役立つチャイルドコーチングを学ぶには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieのチャイルドコーチングマイスターは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めてコーチングを学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめチャイルドコーチングの資格はこちら

チャイルドコーチング資格
子育て資格TOP
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mastestac/www/info_review/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399