キッズコーチとは


現在幼稚園や保育園、小学校などに通う子供たちの放課後にかかわってくる専門知識およびスキルを身に着け、複数の子供たちがいる環境の中で子供たちとコミュニケーションをとり、親御さんとも信頼関係を結んでいく指導員がキッズコーチです。

キッズコーチとは

b5dc635839ed0259b97df29088a86847_s

キッズコーチ協会が認定する資格で義務教育を修了していればだれでも受講することができる一般向けコースから小学校教諭や幼稚園教諭および保育士の資格を持っている人向けの資格保有者向けコース、さらに自治体の放課後児童支援員認定研修を修了した方向けの放課後児童支援員コースが設けられています。
ですから子育て中の専業主婦をはじめ、現在子供たちとかかわる仕事をしている方にとっても非常に役立つ資格なのです。
また過去5年にさかのぼり、保育園や幼稚園、小学校や放課後児童クラブなど小学生とのかかわりを持つ施設で1000時間以上同一施設で継続して1年以上の勤務経験を持つ人向けの経験者向け速習コースも用意されています。

キッズコーチの資格取得に向いている人は学童保育で働きながら知識やスキルアップをしたい方、小学校で勤務しているけれど子供や親御さんとのコミュニケーションが今一つうまくいかない方、保育園で学童保育を始めたものの小学生とのかかわり方に悩んでいる方、将来的に学童保育に携わりたい方です。

キッズコーチで必要なことは子供の思いを最後までしっかりと聞くこと、子供の存在価値を認めること、質問を子供の気持ちに整理がつきやすいように投げかけることです。
子供は自分がしてきたことを認めてもらえること、自分の話を途中で遮ることなく聞いてもらえること、自分が納得できるように質問をしながらまとめてもらえることによってより成長することができます。

そのため子供と同じ目線で話し、肯定することや表情一つに気を配ること、大きめのリアクションやボディランゲージを用いること、はっきりとした発音で元気よく話すことが必要です。
キッズコーチの検定資格を受けるために、どのようなスキルと知識が必要なのか具体例とともに学ぶことができる講座が用意されていますので、あなたの今の状況に合わせて選んでみるといいでしょう。
子供は十人十色ですから一人ひとり対応が違って当たり前ですし、考え方やものの見方が違うのも当然のことです。
一人一人にあった対応ができるかどうか、子供の成長ができるかどうかということも、キッズコーチに求められる資質なのです。


子育てコーチングのおすすめ資格

子育てに役立つチャイルドコーチングを学ぶには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieのチャイルドコーチングマイスターは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めてコーチングを学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめチャイルドコーチングの資格はこちら

チャイルドコーチング資格
子育て資格TOP
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mastestac/www/info_review/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399